読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

𠮷村恵 mezzosoprano’s diary

オペラ歌手 吉村恵のオフィシャルブログ

SMAP解散から考えた事

久々の更新になってしまいました。

 

息子が風邪をひき、なかなか熱が下がらないまま1週間。やっと熱が下がり完全復活まであとわずかな所までこれました。

 

いままでの風邪と比べても高熱の期間が長かったのでとても不安で、自分が川崎病を経験しているために、母に様子を報告しながら風邪では無い何かになっていないかと考える毎日でした。

 

元気になったら、やはりずっと喋ってるか歌ってるか…。ちょっと黙っててくれないかしら…なんて思う事もあったけど、そこにいるのに1日静かな日を経験したら賑やかな方がよっぽど安心で、幸せな事でした。

 

まだ完全復活を果たしてない息子の看病と公演準備に追われる(いつもギリギリ)中で、眠れずに見つけた記事。

 

SMAP、実は事務所の管理下での「自由」:朝日新聞デジタル

 

SMAPはこれまでの「アイドル像」を壊し、新しい「自由な等身大のアイドル」をつくりあげたんですね。

 

明星なんかでジャニーズの昔のアイドルが語ってたプライベートは作り上げられた物。とわかっていたけど、時代とともにこんなにも変わるんだなと思いました。

 

若くしてアイドルとして上り詰め、自分がやりたい事をやるために脱退したという大沢さん。

 

素晴らしい意識の持ち主ですね。

乗っかってれば楽だったであろうリフトから自ら降りて自分の道を歩みだすなんて、素晴らし過ぎる。

 

それだけのレールを引けるジャニーズ事務所も凄いですけどね…。

 

歌の先生も弟子を抱え込まず旅をさせるタイプと、門下生ファミリーで活動したいタイプとが存在していると思います。

どちらかに二分されるわけでは無いですが…。

 

私はどちらかと言うと旅をさせてくださる先生方に出会い、助言をいただきながら自分で判断して今に至っているのでは無いかと思います。

 

お陰様で、歌に関しては自分がどうありたいか、どの道に進みたいのか、わりとハッキリ見えている中でここまでやってこれたのでは無いかな。先生方には本当に感謝しかありません。

 

かと言ってもう一方でも、おそらく歌う場を先生が与えてくださったり、現場に連れて行ってくださったり、色々な経験を通して感謝をしていた事と思います。

 

光GENJIだって大沢さんだけがやりたい事をやって幸せを掴んだわけでは無く、光GENJIであり続ける事で幸せを掴んだメンバーだっていると思います。

 

要はそれぞれ個人にあった道を自分で決められれば良いわけですよね。

 

簡単なようで難しい事。

 

息子にもレールを引くのではなくて、選択の幅を広げてあげられれば良いなと。

 

本人が選ぶ道を進む力を身につけて欲しいです。

 

見つけた時には応援してあげないとな。

私の両親も音楽の道に進むのを(恐らく不安でありながら)応援してくれてますからね!

 

何をしたいと言い出すか楽しみだ!!

 

 

Bocca del Monte

次回公演は

f:id:megyoshimura-mezzosoprano:20160905021947j:image

2016/9/11

愛の妙薬

昼公演 満席御礼!

夜公演 残席僅か!

 

 会場は、横浜ビール「驛の食卓」